読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KazukiFujisawaのブログ

藤沢数希探偵団のオリジナル

藤沢数希のまとめ

・物理学と金融業は虚飾。本当はアムロのバックオフィス(年俸推定600万)

・WEB上の活動は記事や対談(100本以上相場1本一万から)。出版社の媒体で自社の書籍の宣伝目的でそれ以外はアゴラとSPAのみ

・「なぜ投資の~」は25000部印税400万、「ぼく愛」は確定発行7000部印税100万、小説実売5000部漫画5000部。どちらも内容は剽窃(パクリ)

・ブログは09年で推定月間50pv未満、推定収益は最大月額20万

ツイッター、ブログ、書籍はメルマガの宣伝目的

まとめ

ダイヤモンド社幻冬社以外からまともな依頼がないこと、「ぼく愛」は小説実売・漫画5000部であること、メルマガの内容は公表部分のオチ以外人生相談であることから言って、藤沢数希は極々僅かの信者以外には世間でまったく相手にされておらず、そのコンテンツ価値は経歴の詐称とホリエモンと絡むことしかない。メルマガ以外では普通のサラリーマン以上稼いだことはない、剽窃した情報商材を騙し売るコジキ

メルマガや儲けかたは与沢翼に酷似している

与沢翼は日本一のメルマガ読者を持つ人間にリベートを払い自分のメルマガに誘導してもらい、その読者達に自称の経営ノウハウをちらつかせアフィリエイト情報商材を売りつけ、更に「企業のではなく個人の時代」「有名になれば稼げる」と煽った

藤沢数希は日本一のメルマガ読者を持つホリエモンに紹介してもらい、その読者達に詐称した経歴をちらつかせ怪しげな剽窃した恋愛ノウハウや読者の経験談を売りつけ、更に「自分はビジネスをしている」「独立や副業で稼げ」と煽っている

与沢がアフィリエイトと破綻した経営談を売り、その過程を情報商材として売り、更に一連の過程を商材として売るのと、

藤沢がアフィリエイトと詐称した経歴を売り、人気ブロガーを詐称して本や記事を書き、更に一連の過程で成功を装いメルマガを売るのは全く同じ

与沢の弟子達が世沢を真似して商売を始めたように、藤沢の工学生達もまた藤沢の真似をして恋愛ノウハウビジネスを始めている

与沢・藤沢、どちらも初めは華々しい世界で活躍をすることを望み、できずに公に虚像を作り上げ、それが破綻し失敗したら次は味を占めた詐欺で情弱から金を騙し取る人間のクズ