読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KazukiFujisawaのブログ

藤沢数希探偵団のオリジナル

藤沢数希のまとめ3

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼の信者ビジネスとアムウェイのような洗脳ビジネスの合成

稼ぎ方を売ると高額商品で連鎖取引にも抵触するため、ぼかして有益な情報とし引き込んだコミュニティで、マルチまがいの集団洗脳を行う。一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う

 

藤沢数希のまとめ2

小説・漫画・メルマガ、恋愛工学の市場は5000人程度。

それも詐称した経歴とWeb上の演出、ホリエモンアフタヌーンの看板のものであって藤沢数希の市場価値は一切ない。コンテンツもそもそも剽窃(パクリ)。

元々詐称した経歴で3000人(冊)未満の書評ブロガーだった藤沢が、本を売るのではなくその内容を盗んで自分のコンテンツとして販売しようとしたのが週間金融日記の起源。

藤沢数希がやっているのは人を騙して客寄せすることと、馬鹿を離さず継続して搾り取るためにカルトまがいの洗脳をすることのみ。

金融機関で投資していたようにみせるかたり商法、効果があるようにみせる霊感商法、自分は金を持っているようにみせるマルチまがいの商法、閉じられたメルマガで場の空気を演出する催眠商法悪質商法をいくつも駆使している。藤沢数希は強姦する与沢翼

警視庁、悪質商法

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/shoho/index.html

 

 

 

 

 

金融業は嘘2

藤沢数希の金融素人ぶり
http://anond.hatelabo.jp/20110428214716
「昔のライブドアや昔の村上ファンドのようなプレイヤーが活躍できる株式市場こそが日本に必要
http://blog.livedoor.jp/ikedanobuo/archives/1317339.html
2011年04月28日00:28
なぜ継続性に何の問題もなかった生きた上場企業に、東京地検特捜部があのような形で強制捜査に踏み切り、過去の粉飾決算での量刑相場からは考えられないような重い判決が堀江貴文氏をはじめとした、ライブドアの元経営陣にくだされなければいけなかったのか。確かに、ファンドを通してインサイダー取引が疑われやすい非常にデリケートな自社株の売買をしていたというのは、証券取引等監視委員会から何らかの調査の対象になっても不思議ではないし、行政処分の対象となってもおかしくなかったかもしれない。しかし、いきなりの強制捜査で、経営陣を実刑判決にして刑務所に送り込むようなことではなかった、と筆者は強く思う。全てが異例だった。

物言う株主として知られていた村上ファンド村上世彰氏も、ライブドアニッポン放送TOBに関連するインサイダー取引の容疑で逮捕されてしまった。これも多くの識者が驚くような、非常に微妙な容疑だった。」
と言っているが、学術的に金融を学んだ事があるものは、資本市場がインサイダー取引や株価操作によって容易に崩壊する事は誰でも知っている。

漫画補稿

https://cakes.mu/series/3174
ぼくは愛を証明しようと思う。
記事 61 件
chapter1-1 幸せだった日々
2014年8月7日更新
エピローグ
2015年10月1日更新

アフタヌーン2016年1月より連載開始
アフタヌーン2016年10月号 第9話が
chapter3-9(28/61) 3度目のレストランの始めまで
2015年2月12日更新
11月号12月号休載
第一巻全6話
当初全三巻予定が二巻で打ち切りか?

漫画

ぼくは愛を証明しようと思う。1
2016/7/22
http://book-rank.net/rank/data.cgi?all=5&word=9784063881554&mode=rank&mode2=&bt=2
推定累計販売数2,598部
推定累計販売数(デイリー補完あり)4,872部
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063881554
製品名 ぼくは愛を証明しようと思う。(1)
著者名 漫画:井雲くす 原作:藤沢数希
発売日 2016年07月22日
価格 定価 : 本体600円
印税5000×600×0.1×0.5=15万円

書評

・なぜ投資のプロはサルに負けるのか?
http://www.diamond.co.jp/book/9784478600535.html
金融とは・投資とは・株価とは・実力と運・ポートフォリオ
ランダムウォーク理論、ポートフォリオ理論の説明と、
そこにいたるまでの金融についての初歩的な内容
自称クオンツ、クライアントやトレーダーのために計量モデルの研究
外資系金融の終わり
http://www.diamond.co.jp/book/9784478020890.html

サブプライムローン、デリバディブと金融危機そしてリーマンショックの説明と、

一冊に水増しするための投資銀行の功罪両面とゴシップ

自称マーケットの定量分析、トレーディングなどに従事
ダイヤモンド社での経歴詐称の推移
2006年12月計算科学の分野で博士号
2011年10月計算科学、理論物理学の分野で博士号
2012年9月理論物理学の分野で博士号

自称ミドルのクオンツ
自称フロントのマーケット(トレーダー)
だが専門的なことを書いたことはない、一般向け程度の解説のみ

・「反原発」の不都合な真実
デタラメなのは前述
自称リスク管理に従事、リサーチ(アナリスト)

だが科学的精神のかけらもない

アベノミクスの終わり
財政破綻でもうける方法
https://akasik-libraries.jp/search.php?query=%E8%97%A4%E6%B2%A2%E6%95%B0%E5%B8%8C&action=results
語る価値なし